5年後10年後の自分について本気で考えているでしょうか??

自身で事業計画表を書ける方は、無視してください。

ですが、
「このまま、ぼちぼちいけばいいかなぁ~。ホットペッパーでも多少は新規も入るしこのまま固定のお客様を増やして、そのうちアシスタントも雇ってそこそこ稼げるようになれたらいいなぁ~」

などと考えている方は、危険信号かもです。

まず、経営は簡単に言うと、売上げを上げるか経費を下げるかですよね?

福井で美容室の個人店経営の場合、一人で月の売上が平均で50~60万、時間も惜しまずに頑張って80~90万が限界だと思います。それ以上は命削ってます

そうです。一人でするには限界があります。だから、どこのお店もアシスタントを募集するのですが、来ませんよね?それは、少し大手のサロンさんと福井の美容学校さんが手を結んでいるから回ってこないんです。

さて、ここまでの流れでポイントが4つほどあります。

 

  • 売上をあげるよりも経費さげる
  • 福井で〇〇〇したい若い子増やす
  • 施術を一人でこなせる人を探す
  • 脱!ホットペッパー、地方紙広告

 

売上をあげるよりも経費をさげる

 

 

経費は主に、人件費、広告費、家賃(ローンなど)水道光熱費、通信費といろいろありますが、ここでのポイントは人件費と家賃

人件費は、アシスタントなどを雇う場合、その子の分の給料にあたりますよね。アシスタントも今時は安すぎるとブラック認定されて厳しいですし。

なので、アシスタントを雇わずに気楽に一人でしてる方も多くみられます。でもいつかスタッフが増えた時用にセット面や施術場所を3つぐらい用意してるお店が福井では多くみられます。

という事は、場所が余っています。お金を生まないフリースペースが・・・

「余っていて何にも生まないなら他の人に貸したらどう?」

これが、経費削減の第一歩です。

実際の私のお店では、1時間1000円、1日で6,000円、月で60,000円で他の人に場所を貸しています。

人を雇っているわけではないので、その人にお金を支払う必要がなくむしろ、時間に応じて使用料が入ってきます。

マンションを借りるみたいに1か月の家賃で人に貸す場合は、貸している側のお店の家賃(ローンなど)をシェアできますよね。そうです。家賃の支払いが減れば必然と純利益が増えるんです!

新規のお客様をせっせと増やして売上をあげるよりも簡単にあがります。新規を増やすために広告費をかけていたのも下げることも可能になります。これが、シェアサロンの魅力になります。

 

福井で〇〇〇したい子を増やす

 

福井でも、

『スタッフが足りん!アシスタント・スタイリスト急募!!』

の広告を良く見かけます。私はこれについてすごく疑問を持っています。

待ちの姿勢だと来るはずないですよね?ただの文字を見ただけでそこに行きたいなと思える人は少ないと思います。

 

 

せめて、そこのお店がどんなお店でどんな魅力があるのかが分かって欲しいです。

人手が足りないのなら増やせばいいですよね。
言葉でいうのは簡単ですが、実際は何をしたらいいのかわからない方の方が多いと思います。なのでとりあえず募集の広告を載せているのだと思います。

私は、その職業に就きたい若い世代の子を増やせばいいと考えております。就きたい子が増えれば自分のお店にも勤めてくれる確率が増えると思います。

そして、ここから先は妄想の話になります。

例えば美容師の場合、福井という地方でも働き甲斐があり、休みもありお金もそこそこで趣味もしやすい環境があればわざわざ都会に行こうとはしません。

さらに2000年代の子たちは、効率を重視します。今までの美容師の働き方は若い世代の子たちからしたら凄く効率が悪い仕事になっています。なので、まずは労働環境の改善
これが、フリーランスの働き方とシェアサロンとの繋がりになります。

 

そして、私がもう一つ力を入れていきたい事が美容塾です。

美容塾とは?
説明しますと、高校生の内からカットを勉強し練習をすれば専門学校や通信を卒業と同時にスタイリストデビューも簡単です。さまざまな問題はあると思いますが、若い子たちは集客に関しては独自の方法がありますのでそれに関しては私たちの世代より良く理解しており、とりあえず髪が切ることが出来たり、染めたりする事が出来ればフリーランスとしてすぐにデビューし同世代のアシスタントの子たちとお金の面や休みの面でも差を開くことも可能になります。

 

この考えが、次の世代の子たちの教育の仕方になるのではないのかと妄想しています。

そうして、フリーランスが増えればシェアサロンの方も場所を提供できますので、お互いに良い関係がきづけます。

 

脱!ホットペッパー、地方広告誌

 

簡単に言いますと、高いお金を払わずに集客することが可能です。

詳細な事はシェアコミに入ってからの情報になりますが少しだけ話すと、
現代は、検索する時代になりました。わからないことがあればグーグルで調べ
予約や空いている時間までスマホで調べれば一発です。

という事は、消費者はどんな時に検索し何に目をとめるでしょうか??

私、藤田雄太のブログを見ていただければ、ちょっとはヒントになると思います。

 

 

まとめ

ここまで読んでいただいても、なかなか理解しづらい事も多いと思いまう。

ですが、福井でも10年以内にお店を閉店する割合が9割を占めています。

その1割に残るためには何をしたらいいのかを真剣に考えていただけると嬉しいです。場所をシェアするという事は、他人を自分のお店に入れるという事で抵抗がある方や自身のブランドが崩れてしまうと思っている方もいると思います。

それで毎年売上が右肩上がりで増えていれば何も問題はありませんが、そうでない場合は生き残るためにあがいて欲しいと感じています。もし自分が事故で働けなくなった場合でも、こういったコミュニティーに入っていれば、自分がいない間でもコミュニティーの仲間が場所を使いシェアすることで収入を得ることもできます。

そういったリスクをなくす為にもシェアコミのようなコミュニティーが必要だと思います。

待ちの姿勢ではなく『行動する、変化を恐れない』を心がけて欲しいと思っております。

 

ご加入はこちらから