自分に合った集客方法を見つけれるといいです

福井の美容室のウェブマーケティング

僕は、美容師なので美容室をモデルにしてお話したいと思いますが、サービス業全てに言える事です。
更に言うと料理屋さんにも言える事だなと思っています。

福井での美容室のウェブでの宣伝広告って大体がSNSととホットペッパーのどれか、もしくはどっちが多いと思います。

少数派でブログを書いていたり、委託して作ってもらったホームページでコネコネとしている感じがします。

最近はSNSとかやってる人増えたのかな?

自己発信はなんかよくわからんけど、とりあえずやっとくか!
もしくは1人でも多くの人が来てくれたらいいかな的な雰囲気はありますよね。

それで結果が出てれば問題はないですけど、
そもそも、福井と都会では県民性ってのが大きく違うと思います。

同じ人間でも環境によって大きく左右されますし。

都会ではインスタ集客当り前=福井も同じ、
ではないんですよね😅

ここ数年で増えてるのがホットペッパービューティーでCM効果もあってネット予約件数も売上も年々増えているようです。

周りに聞いてみると福井でもまだ新規のお客さんはちょこ来るっぽい。

でも最終の結果は出づらくなってるんじゃないかと思います。

なぜかというと、ホットペッパーの仕組みと客層、個人店の営業スタイルに関係するからです。

ホットペッパーの仕組み

結果を出せている人たち

  1. 競合が少ないエリア
  2. 課金している
  3. スタッフ人数が多くいる

この場合は、お店の回転率も1人でやっているよりはるかに良いので、
割引して新規集客しても固定のお客様を困らせることなく施術できるから。

そして、宣伝広告費に予算も当てれるので課金が出来る。
このバランスが上手いサロンは成功しているのかなと思います。

 

そして、デメリットとして・・・

新規獲得手段が割引によるところが大きいです。
そうなると、どうなると思いますか?

お客様側は、
より安いお店を選ぶ事が多いです。そして、お客様の層も割引重視した方が多い。
そうなると、初回割でいろいろなお店を転々とする事が多いです。

ホットペッパー側は、
いろんなお店にお客様が巡回してくれる方がありがたい。
サロン側の状況は別にどうでも良い。利用者側が満足し利用数が増えれば必然と登録サロンも増える

サロン側は、
新規が増えない場合、より割引をする。新規で来店しても2回目、3回目に繋がらない→再来割を作る。客単価が下がる→お客様の人数を沢山する事になる→固定の方の予約が取れなくなる
負の連鎖ですね😅

そして、この負の連鎖で最大の不利益がなんだと思いますか?

考えましょう🤔

・・・・・・・・

そうです!いつも来てくださっている方に本来はサービスを充実させないといけないのに、新規の方にばっかり割引だったりサービスをしているという事です。

常連の方でしたら、理解はあると思いますが少しさびしいですよね😖

ホットペッパーだのなんだのに踊らされて本来、大切にしないといけない事をわすれがちになってしまいますよね😅

 

SNS・ブログの場合

  1. 競合が少ないジャンル
  2. インフルエンサーである

このどちらかもしくは両方が当てはまってる場合に結果がでており、
どれにも当てはまらない場合は結果出ないっていう可能性があるという事です。

ずっと、ブログを書き続ければそんな事はないと思いますが….

ダメそうなら早々に切り上げてホットペッパー1本になるってパターンが多くて結局最初に戻ってしまうパターンが多い気がします。

ですが、そんなSNSやブログでも、だらだら書くのではなく、
いかに競争が少ないジャンルで戦うのか、
周りが真似をする前に始めれるのか、
自分の事をどれだけ知っているのかが
を抑えて置けれれば、話は変わってくると思います。

都会の方ではもうすでに始まっている事ですが、福井の場合フリーランスの言葉自体も最近浸透したり、
シェアするという言葉も出てきたばっかりです。

なので、10歩先位を目指していやっていければなと思います。

シェアコミではそれを実践できる場でもあったり、情報を得る事が出来る場にしたいと思っています😎

次回に続きます・・・